神奈川県秦野市 秦野駅南口にある鍼灸院 |はり専門 ぎっくり腰 肩こり 手や腕のしびれ 腱鞘炎 膝の痛み 頭痛

四十肩・五十肩

こんな症状でお悩みではありませんか?

  • 夜間、肩の痛みが強い 
  • 髪を洗うのが大変
  • エプロンのひもを結べない
  • 着替えで服の袖に手が通しづらい
  • 肩が痛くて寝返りができない
  • 近くの物を取ろうとしても手を伸ばせない

 

四十肩・五十肩とは?

50代を中心に、40代から60代前半にかけて発症する肩関節の痛みと関節拘縮を主な兆候とするもので、医学的には肩関節周囲炎といいます。はっきりした原因は不明ですが、肩関節周囲の軟骨組織が加齢により退行変性を基盤に炎症病変が生じたものです。

 

肩関節周囲炎は、下記3つの時期に区分されます。

①痙縮期…痛みのために肩の自動運動が制限される

②拘縮期…関節自体に拘縮が生じて他動運動が制限される。夜間痛あり

③回復期…痛みはないが関節可動域の制限は残る

個人差はありますが、約半年から1年ぐらいで症状は改善すると言われています。

 

四十肩・五十肩と似ている疾患

1.石灰沈着性腱板炎

石灰が腱板に沈着することで、肩関節の痛みおよび可動域制限を「主体とする疾患です。

特異的な症状として、急性発症、激痛、夜間痛があり、X線検査で特有な石灰沈着が認められることで、肩関節周囲炎と区別されます。

2.腱板断裂

腱板(4つの筋が肩関節を取り囲んで補強している構造をいう)が、腱板の退行変性、もしくは、外傷によって断裂するものをいいます。中年以降で、男性、特に右肩に多く見られます。腱板が断裂しているため、手を挙げたまま保持ができないこと、肩関節での内旋、外旋の筋力低下がみられること、断裂部が蝕知できることなどで、肩関節周囲炎と区別されます。

 

当院での四十肩・五十肩の施術

1.動作分析による原因の追究

四十肩・五十肩は、肩関節周囲炎という名前の通り、炎症によって肩関節に痛みが出ている状態であるために、まずは、できるだけめに炎症を抑える」ことが大事であると考えています。

 

このため、どのような動作がしづらいのかを確認し、肩関節が動くようにアプローチしていきます。動きを整えることで肩関節の負担を減らすことができれば、炎症が治まっていきます。

 

2.「肩甲骨」とその周辺組織との関係

カギとなるのが「肩甲骨」です。肩甲骨を動かすために、どの部分が動きを制限しているのか、下記の5つの関係をよく見極めていくこと重要です。

下記の関係をそれぞれひも解いていきます。

(1)肩甲骨ー背骨の関係

2)肩甲骨ー骨盤の関係

(3)肩甲骨-下肢の関係

(4)肩甲骨ー鎖骨の関係

(5)肩甲骨ー肩関節の関係

3.四十肩・五十肩で用いるツボ

症状に合わせて、下記に示すエリアに関係のあるツボを用いて施術を行います。 図に記したツボの位置はイメージです。実際の施術では、患者さんごとに症状を診て原因であるツボを選択していきます。

 

四十肩・五十肩の症例はこちらをご覧ください。 四十肩・五十肩の症例>>

 

  • 070-6643-5906
  • 神奈川県秦野市今泉2091-1 グンジビル1F
  • お問い合わせ
  • 診療案内
    診療案内
  • 電話受付時間

    8:30~19:30(休診日を除く)

  • 営業日カレンダー
    « 2018年10月»
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    • 休診日
    • 臨時休診日
  • アクセス
    アクセス
  • ご来院地域
    【神奈川県】
    秦野市 伊勢原市 厚木市 茅ヶ崎市 相模原市 中井町 松田町 清川村…

    【東京都】
    町田市 世田谷区…

  • ブログ
    スタッフのブログ
Twitter